読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4年ぶり2度目メモ

まずは無事にうみおとしたい日記です

妊娠7か月目:インフルエンザで体力低下と性別判明

4年ぶり2度目 人の手も借りよう

インフルエンザA型により1週間床に伏していました。幸い夫や娘には感染せず、ただただ私だけが倒れているという、、、パンデミックは免れたけど昨年の胃腸炎に続いて心神喪失の1週間でした。1週間も寝てると筋肉もなくなって10歳老けた感じ、ただでさえ二足歩行がきつくて牛の気持ちになってだとかだったのに本当に色々削がれてつらいです。大事にとっておいた有給も今回のインフルエンザで0になっちゃったよ!えーん。

今回も母を召喚と言うことで、一人暮らしをはじめてから母に助けを求めたことはなかったのに、妊娠中すでに2回もお願いしている。本当は家族だけで乗り越えたい試練でもあるので情けない気持ちもありますが、もう自分がこんな状況である以上甘えられるときは甘えようと割り切っています。本当に助かる、ありがとう。

ところで、お腹の子は男の子でした。ただでさえ妊娠は得意じゃないのに異性だったなんて!衝撃的すぎる。一気に緊張してきました。

【夫のちんぽが入らない】を読みました

読書

すごいタイトルだなと思って発売日を楽しみにしていたのですが、タイトル以上に切実でまじめで息がつまる話でした。今まで”普通”だと思っていたことができない時、誰にも相談できないことが積もったとき、じわじわと心身を蝕んでしまうのがとても怖い。
淡々とした語り口なので話は息がつまっても嫌な感じがしないのと、今現在も続いているであろう淡々とした暮らしぶりが救いです。

一緒ではないけど、先回の妊娠・出産にあたり短期間でたくさんのいきどまりにぶちあたっていて、その時々に感じた自分の無能感たるや本当にもう二度と嫌だなという感じに重なりました。

机の上においておいたら、娘が何度も何度も『   の・ち・ん・ぽ・が  ら・な・い??』と繰り返していて、『ちんちん』は知っていても派生の『ちんぽ』は知らないという発見もありました…

 

www.fusosha.co.jp

妊娠6か月目:妊婦であることに慣れない

4年ぶり2度目

つわりでのリバース&胃腸炎でのリバースを乗り越え、妊婦生活も6か月目に入りました。胃が小さくなったようですぐに胸がいっぱいになること以外は、恒常的な吐き気もなくなりいたって元気な妊婦です。

ところで、以前読んだ犬山紙子さんのブログ『醜い自分』について、あらためてものすごく首がもげるほどうなずいています。日々丸まる体、青筋立つ乳の様子にも涙が出そう。4年を経てようやく辺こんだおへそも、すでにそっくり返ってでべそ復活です。

lineblog.me

夫にこの悲しみについて『例えばさー、勝手にちんこがしわしわになってなぜか肥大するの。どう?つらくない?私は自分の体が勝手にどんどん変わっていってついていけないし2回目でもつらい。』『頻尿すぎてもうトイレにいちいち行きたくない』と訴えたところでうまく伝わらず『こどもを産む準備なんだからしょうがないんじゃない』『尿瓶はやめて』と他人事。追って『ちんこって家の中で連呼するのやめて』と怒られました。…それはごめんだけど、まぁそうだろうよ。妊娠しただけで体が丸まったり尋常でない様子になったり頻尿になったり、なってみないと分からないよね。でも大変腹が立ったので、頻尿の呪いをかけました。

犬山さんの言う通り、丸まるお腹は愛おしい。愛おしいが意図せず丸まる体は受け入れがたく、もとの自分だってたいして変わらないけど私が嫌なものは嫌!であることを少しは知ってほしいという気持ちです。

もっと言うと薄情な妊婦でおこられそうだけど、胎動ってのもやっぱりなれない。きちんと生きていてうれしいと思う一方で、同じく意図せずもにゃもにゃしていて「いよいよ私の中に違う何かがいるんだな」って実感せざるを得ないところがビビるし、感覚としても気持ちがいいものではないと思う。

体を貸しているという感覚?一応自ずから宿しているわけだし違うか。とにかくあと4か月、無事に過ごせますようにと祈るばかりです。産み落とす寸前にようやく慣れて、産み落としたら、あっという間にまた忘れるのかな。

10年日記が折り返しの年になりました

生活

あけましておめでとうございます。
本日から平常運行ということで、私と夫はまだまだ休みたさを引きずりながら仕事へ、娘は飛び出さん勢いと大きな挨拶とともに保育園へ!とそれぞれの場所へ散らばっています。年末ジャンボは当たりませんでした。

1月なので気持ちをあらたに…2011年からつけ始めた10年日記の紹介します。結論から言うと、とってもおすすめなのでぜひはじめてみて欲しい!そもそも実家の母が、私がこどものころから10年日記つけ続けているのが大きな影響を受けているのだけれど、
『ふは毎年同じ時期に体を壊しているから注意して!』
『転職から半年たつと一旦たがが外れるからなにか甘いものでも買って帰れ』
『おいしかった〇〇のことが書いてあって助かった』
などなど…パーソナル占い師のごとしですよ。まぁ、ありがたいです。実家にいるときにはこっそり覗き見たりして楽しんでいた節もあり、私も家族が出来たらはじめようと思っていて、結婚した年の2011年誕生日からスタートして早5年となりました。

ちなみに私がつかっているのは「日事記」という日付だけ明記されている日記です。5年たって、ちょっと背表紙が浮いてしまったけど落ち着いた布張りで見た目もいいところが気にっています。

www.assiston.co.jp

http://assiston.jp/photo/1941_28.jpg?622d34

商品の紹介ページにもあるように、紙の質感や、余白が多く取ってあるので一日がすっきり素敵に見えるところもとても好きです。

続けるコツは3つ。

  • 感想じゃなくて事実を残す
    記録的気候、夫や私の仕事、娘の成長、家族の体調など
  • ひとことでOK/まとめて書いてもOK
    一行でも全く問題ない、私は1週間分まとめてのときも多いです
  • 空欄でも気にしない
    開けないほど忙しかったのかな、腑抜けてたなという記録になる

ちなみに1月4日の私の日記には

『今年は9月か10月に妊娠して、来年の5月か6月には子を産む。産み落とす!』って書いてありました。書いたことが叶った!やったー。(けど、上記のコツとはなにもあてはならないな)

10年すべて埋まるのは2020年。今年は、もう一人家族も増えることだしこれからも楽しく続けていって、家族や自分占い師となり果ててやろうと思っています。

皆様もおためしあれー。

 

 

カードゲーム:レシピ(洋食編)であそんだよー

こどもとゲーム

腸炎に倒れ体力消耗(私が)公園でかけまわることもままならなくなったので、保育園で遊んで楽しかった!と盛り上がっていた『レシピ』を買ってきました。

sgrk.blog53.fc2.com

選んだメニューカードに沿って、手持ちの具材カードを集めていくゲームで、大人もこどももハンデなく楽しめるゲームなのでおすすめです。
自分がとりたいカードが出たら「レシピ!」あと一枚のときは「ごはんですよー!」完成したら「できあがり!」と声をかけながら進めます。こどもが隠したり確認しながらワクドキしている姿もなんともかわいくて、こちらも楽しい!

f:id:entakugohan:20161219135529j:plain

遊び方とかルールがわかれば、おいおいポーカーとかできるようになるのかな?4歳ともなるといろんな遊びができるようになりますね。感慨深いし、今後も楽しみー。

ちなみにすごろくやは本当に楽しくて、ふらっとのぞいただけなのに3つも買ってしまった。カードゲーム/ボードゲームにはまりそうです。あだち先生のセットも欲しいゲームが2つ入っててめちゃ迷う…

adachi-yeah-shop.com