読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4年ぶり2度目メモ

まずは無事にうみおとしたい日記です

妊娠6か月目:妊婦であることに慣れない

つわりでのリバース&胃腸炎でのリバースを乗り越え、妊婦生活も6か月目に入りました。胃が小さくなったようですぐに胸がいっぱいになること以外は、恒常的な吐き気もなくなりいたって元気な妊婦です。

ところで、以前読んだ犬山紙子さんのブログ『醜い自分』について、あらためてものすごく首がもげるほどうなずいています。日々丸まる体、青筋立つ乳の様子にも涙が出そう。4年を経てようやく辺こんだおへそも、すでにそっくり返ってでべそ復活です。

lineblog.me

夫にこの悲しみについて『例えばさー、勝手にちんこがしわしわになってなぜか肥大するの。どう?つらくない?私は自分の体が勝手にどんどん変わっていってついていけないし2回目でもつらい。』『頻尿すぎてもうトイレにいちいち行きたくない』と訴えたところでうまく伝わらず『こどもを産む準備なんだからしょうがないんじゃない』『尿瓶はやめて』と他人事。追って『ちんこって家の中で連呼するのやめて』と怒られました。…それはごめんだけど、まぁそうだろうよ。妊娠しただけで体が丸まったり尋常でない様子になったり頻尿になったり、なってみないと分からないよね。でも大変腹が立ったので、頻尿の呪いをかけました。

犬山さんの言う通り、丸まるお腹は愛おしい。愛おしいが意図せず丸まる体は受け入れがたく、もとの自分だってたいして変わらないけど私が嫌なものは嫌!であることを少しは知ってほしいという気持ちです。

もっと言うと薄情な妊婦でおこられそうだけど、胎動ってのもやっぱりなれない。きちんと生きていてうれしいと思う一方で、同じく意図せずもにゃもにゃしていて「いよいよ私の中に違う何かがいるんだな」って実感せざるを得ないところがビビるし、感覚としても気持ちがいいものではないと思う。

体を貸しているという感覚?一応自ずから宿しているわけだし違うか。とにかくあと4か月、無事に過ごせますようにと祈るばかりです。産み落とす寸前にようやく慣れて、産み落としたら、あっという間にまた忘れるのかな。