読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4年ぶり2度目メモ

まずは無事にうみおとしたい日記です

胃腸炎で一家壊滅、働き方を再考(したい)

手洗いうがい気をつけてー。

なんて言った矢先に夫が高熱嘔吐下痢に倒れ、次いで私が同じ症状で倒れ、一家壊滅となりました。。。娘だけは元気に登園していて本当に心強い限りです。
実家の両親ともに仕事を持っていることと、新幹線の距離ということもありSOSを出すのは気が引けたのですが、大人が誰一人動けない状況にどうにもこうにもいかず、初めて母にきてもらいました。(タスカジさんも予約して楽しみにしていたのに、こんなカオスな現場は危険ということで泣く泣くキャンセル…悲しみ。)
自分が元気なら娘まわりのケアはどうにかなっても、いざ家の大人が動けなくなった時、自分を含めた家全般について頼める人(しかも突発的に)って近くにいないものだなー。夫にいたっては自分が治っても仕事にでかければ深夜まで帰宅できず…「私が倒れたときに誰が私を助けてくれるの?」という感じです。しかも母だって緊急だったから来てくれたもののふだんは頼れるわけもなく、いつまでも生きているわけじゃない!
KIDSLINEとファミサポさんの利用により、子のことは徐々に頼めるような体制がととのってきたので、今後は自分たちの体制についても、もう少し考えておかないとダメかもしれません。

私は時短・在宅ありで勤務できる分恵まれているところもあるけれど、そうすると結局片方に負担が偏ってあんまり解決にはならないんだよね。それでパンクしたら自滅してしまうし。

今や子育て系のコラムっても色々ある中で、mamapicksで連載中の狩野さやかさんのコラム(http://mamapicks.jp/author/sayaka_kanou)がとても好きなのですが、一年半くらい前に主催してるpatomatoの産後クライシスの会に参加したことがあります。
実際、WSでもコラムのとおり、私たちの声も汲んでくれつつ淡々と客観的なデータも示してくれることで、誰もが感情的にならず『そりゃそうだよね』と納得できる方向へがすとんと落ちて、とてもすっきりしました。今度は家事の方にも参加してみようかな。

9/30(金)「ママとパパの家事分担〜IDOBATA!」開催のお知らせ – patomato

(これは終わってるけど)

が、、、今はまずは早く全員が回復して平常運行に持っていきたい。自分と家族の働き方については産休育休中に整理したいと思います。

本当に本当に皆さんも手洗いうがいしっかり!予防第一で。一家壊滅は二度とごめんですー。